あるフルエクソシズムの時に対決した地獄へ落ちた霊魂の告白 2017年3月13日 AM12:23

俺は地獄から来た。もとは、人間だった。そして自殺をした。最後まで、憎しみしかなかった。だが、自殺をした者が、全員、地獄へ行くということは間違いだ。ほとんどは、救われている。天におられる方は、その霊魂のすべてを知っている。俺が行く場所は、地獄でも何でも来いと思っていた。生きているうちは、ある程度、実力のある地位だった。初めは、ただ豊かになりたい、それだけだった。初めは、食べていくのがやっとだった。金に目がくらんで、欲のままに走り出した。支援してくれる人から、金を巻き上げる方法を覚えた。どんどんうそをつき続けた。それが快感になった。おもしろくて仕方がなかった。口から出まかせを言って、いかに人をひきつけるかを覚えた。すべて自分の実力だと思っていた。人から尊敬をされて、ますますいい気になった。そのうち、人から持ち上げられないと、納得できなくなって、気が済まなくなっていた。面白いように人は、俺のことを慕っていた。集まってくるようになっていた。全て自分の実力だと思っていた。いつの間にか、大きな存在にもっと頼りたくなった。そして、もっと成功したいと思うようになっていた。自分が成功したい、ただそれだけの欲望のためだけに、すぐに、はっきりとわかる大きな成功を得るため、大きな存在に頼りたかった。自分に逆らって意見を述べるものに対しては、地位の特権を利用いて、たくさんの人間を追いつめて、自殺へと追い込んだ。それが何も悪いとは思わなかった。身近にいる人間で、従わない人には、お前たちも同じ様になると、話をしていた。同じ様な立場の人から、悪魔崇拝を、いつのまにかすすめられていた。初めは、何も悪魔崇拝という、言葉を使って話を聞かされることはなかった。すぐに目に見えて成功したことが、楽しくて仕方がなかった。ますます自分以外の人間には、恨みを持つようになっていた。どうしようもないくらいに、押さえられないくらいに、自分以外の人間は敵だと思うようになっていった。殺してもいいと思っていた。すべてが憎しみになっていった。自分に従わない人間には、すぐになぐりかかった。自分が信じているものに、すがり続ければ、何も怖くはなかった。表向きは、その地方の実力者だった。逆らう者は、皆、自分のもとから消し去った。成功していたにもかかわらず、心の中には、深い闇が口を開けていた。最後は半狂乱になって、自分を見失って、銃で口の中に発砲して自殺をした。その直前に、家に火を付けてから、銃で自殺をした。当然、私審判はあった。まさか、本当にこのような場所と時間があるとは、信じられなかった。そして、自分の意思で地獄を選んだ。霊魂たちが、まるで、たくさんのペンギンが海へ次々飛び込むかのように、自分たちで、暗い底を目指して、飛び込んでいるように見えた。うめき声をあげながら、落ちていく時には、上の方を、明るい方を見ながら、歯ぎしりしながら、俺も落ちていった。そこには、ルシファーがいた。そして、無理矢理、服従させられた。絶望だった。ため息しかなかった。もがけば、もがくほど、息苦しくなって、ひどいにおいと、絶望しかなかった。許されるチャンスが自分にもあった。天におられる祝されたおとめは、あわれんでくれた。それでも、自分で地獄を選んだ。他の力によって、決められるのではない。自分で地獄へ行く事を選ぶのだ。許してもらえるあわれみの機会があったのに、心から痛悔して、むせび泣く事を、俺は拒んだ。もっとも深い地獄の底には、ユダ・イスカリオテがいた。ヒトラーもいた。皆、ルシファーの強力な力に、ねじ伏せられていた。地獄は、本当に恐ろしく、自分が目かくしをして、さまよい続けるように、闇に支配されていて、何も見えない場所だった。さまよい続けていると、ふいに、何の前ぶれもなく突然、拷問を受け続けるところだ。それだけならば、まだいい。いつまでもひっきりなしに拷問を受け続ける。うめき声と、叫び声しか聞こえない。何度も窒息して気を失っても、永遠に続いて終わることはない。色々な拷問にあい続ける。そしてルシファーの命令で、生きている人間のところへ行く。逆らうと、とんでもないことになる。二度と地獄へは戻りたくはないので、言うとおりに従い続けなければならない。俺は、ここで地獄へ行くことになっても平気だと、軽く、しかし本気で思っている人間たちに言う。軽はずみで、気軽に簡単に思ったり、地獄なんかないと考えるべきではない。地獄なんか怖くはないと思うことは、悪魔が喜ぶだけのことだ。本当に恐ろしいところなのだ。本当に地獄は恐ろしいところなのだ。ひらきなおって許してくれるのだから、何をしてもいいと思うことも、意味を取り違えてはいけない。心から、本当に神を信じている人間のみが言うべきである。言ってもいいことである。自分のことしか考えていない人間が、言うべきではない。本当に許して欲しいと思っていなければ、私審判の時には、涙を流して、あわれみをこうことは出来ない。その場で急に、うわべだけで、許してもらおうと、軽く考えていてはいけない。そして、地獄へ行く事を、地獄へ行かされると考えるのは間違いである。生きていた時のすべてを見せられるので、良い行いをしたことも、悪い事をしたこともすべて見せられる。全てを見せられたあとに、素直に許してくださいと、心からあわれみをこう事が、天の方が望んで待っておられるただひとつのことだ。自分の全てを見せられて、あまりにもひどい事ばかりで、恥ずかしさのあまりにあわれみをこうこともなく、自分で選んで地獄へ行くことになる。もう一度、ここで言わなければならない。地獄へは、自分自身で選んで行くということ。人間が死んだあとに、生きていたところに、そのままとどまることはない。必ず天国か地獄、あるいは煉獄、リンボに行くことになっている。地獄を信じていない人間は、あとでひどい目にあう。これは、怖がらせようと話しているのではない。口に出すのも恐ろしいことが待っている。吐き気がするほど恐ろしいところだと言っておく。私審判の場には、すぐそばに、祝されたおとめ(マリアママ)がいる。そして、その浄配(じょうはい)の聖なる方(ヨゼフパパ)がおられる。もっとも近くには、自分の守護の天使がつきそっている。目の前には、光かがやく、まことの天主が、対面するように、こちらをご覧になっておられる。今、俺は適当なことを言っているのではない。そこで、無神論者も、まことの神の存在を思い知らされる。もう一度、ここで話す。地獄へ行きたいと、好きで行くんだからと言うようなことは、軽々しく言うべきではない。絶対に行くべきではない。面白半分で、軽く言うべきではない。地獄は存在する。本当に存在している。そして、もうひとつの事実は、最後まで、神のあわれみがあるということだ。そして、選ぶのは自分だということ。天国、地獄、煉獄、リンボは、本当にある。これは、まぎれもない事実だ。俺は、話さなければならないことは、全て話した。


あるエクソシズムの時に対決した悪魔(堕天使)の告白 2017年3月2日 AM12:14

今のほとんどの人間は宇宙に関心が向いている。カトリックなどはどうでもいいと思っている。新たな興奮を加えた、不思議な、自分では体験していない、体験したことがない偉大なものを、そしてすぐに味わうことが出来ることに注目している。現実から目をそらさせて興奮状態を持続させたいと思っている。腹がよじれるくらい馬鹿なやつらだ。おかしくて仕方がない。宇宙から助けが来て、自分たち人間を救い出してくれるとか、広い宇宙のどこかに、知能が優れた生物がいるとか、何かめずらしいものがあると、すぐに地球外からのものに違いないと騒ぎ出す。理由がわからないものには、突然変異説を提唱し始めて片付けてしまう。たとえば、人魚のことについても、人間と魚がひとつになるようなことが、自然界ではありえないことが、冷静に考えてみれば、すぐにわかることだ。ただし、俺たちが手を加えると、そんなことは簡単なことなのだ。不思議なものを少しだけ、証拠として、わざと気が付くように残しておけば、だいたいの人間は、それを真実だと、本気で思い込む。俺たちが、でっちあげさえすれば何でも信じる。おかしくて仕方がない。悪魔と聞いても、はるか昔の考え方として片付けられている。何かの順序があって、理由があって、結果として不思議なものや出来事があったと、俺たち悪魔という悪知恵が働く者の存在を絶対に認めない。ごく一部の人間は、俺たちを信じている都合の良いやつらもいるが・・・。自分自身の身のまわりで、何かトラブルがあると、自分自身か周囲の人間が原因だと思わなければやってられなくなり、失望する。俺たちは、人間をだますことしか考えていない。大昔から、核心に触れたくないので、真実ではない他のものに寄りすがろうとする。みんな馬鹿だ。俺たちが、全部、ほとんとのことは作り上げる。それが簡単なのは、天使と同じことが出来るからだ。もとは天使だったからだ。ありもしないものを、そこに置くことができる。実際は、かき集めて作ったもの、何もなかった手のひらの中に、色々な物などを出すことなど簡単なことで、細胞レベルでかき集めて、何でも出来る。信じ込ませることなど簡単だ。逆に、そこにあったものを無くしたり、移動させることも出来る。皆、死んだらすべてがわかる。皆、後悔する。生き返って、生きている人間に教えようとしても、普通は生き返ることは許されない。上におられる方が許された時、その役割を果たすときだけ、特別に生きている人の前にあらわれる。あとは俺たちのでっちあげなのだ。U.F.Oを呼ぼうとして、皆で輪になって手をつなぐなんて、おかしくて仕方がない。超能力といった、そういうものは“超”能力なのではない。うまく俺たちに利用されているだけなのだ。腹がよじれるくらい笑えてきて、おかしくて仕方がない。ほんのごく一部ではあるが、上におられる方からの道具として、気付かないまま、正しいことをしているやつもいる。俺たちの力を借りてまで、見たり聞いたりしたいと思うやつらがたくさんいる。世界中で、すごいと言われる超能力者とか、霊能力者、マジシャンのほとんどは、俺たちのあやつり人形だ。だが、すべてではないということだけは、言っておく。俺たちの手が出せないように、天使に守られている者がいるからだ。大部分の超能力者や霊能力者といったやつらは、俺たちがだまし続ける。特に、生きている人間たちの間では、幽霊とかの話は、怖い話になっている。俺たちが、幽霊は得体の知れない危害を加えてくる怖いものだと、固定概念を植えつけた。上の方たちもとで、生きている人間に現わされる霊といわれるものの見え方は、怖いものには見えない。わざわざ暗い所や、汚れたところにはいない。明るい時間帯でも、煉獄やリンボの霊魂は、はっきりと現される。はっきりと違いがある。怖くない。少しおどろくだけだ。暗いところで、はっきりしないようなものから、はっきり見えても暗いところに居たり、姿が見えなくても、人々を興奮させて、怖がらせるものは、俺たちのでっちあげがほとんどだ。皆、興奮したいという欲求を満たすために、廃屋などの暗く汚れた場所へ行く。煉獄や上の方のいる場所からの霊魂の場合は、明るい時間帯でも、はっきりそうだとわかる。物かげに、かくれているようなことはない。特にお前たちのいる日本では、いろいろな宗教がはびこっている。本当におもしろいことになっている。少し前の時代ならば、堅い信仰を持った司祭によって、正しく聖変化された聖なる救い主の体がけんじしてあるところに行けば、だいたいのことは解決していた。ターゲットにしていた人間が、その場所に近づきすぎると、俺たちは悲鳴をあげて、逃げ去った。何らかの助けが必ずあったから、俺たちは逃げるしかなくなる。そこには、たくさんの天使たちが、俺たちが入って行くのを防いでいた。今は、入りたい放題だ。うれしくて仕方がない。全く良い方である、上におられる方に、今は、何も寄りすがらない、ただの集会所、かんじんなものがないのに、ランプだけがついている、それも端の方で、ついているのか、ついていないのか、わからない明るさで、俺が言いたい事は、聖体ランプのことだ。聖なるものがないのに、ランプだけがついている。無いところもある。それがこっけいで、のたうちまわって笑いころげたいほどだ。集会所へ来て、意味のない話をして、お茶を飲んで帰って行く。時には馬鹿さわぎをして・・。大混乱になっている世の中を見ていると、とても楽しい気分になる。少し前までは、そうごんな、ひれふさざるをえないところだったのに。今は、むしろ何も宗教を信じていないような人の方が、俺たちからだまされることは少ない。生きている時になら、何度もやりなおしが出来る。死んでからは、後もどりは出来ない。地獄に来るやつは、本当に歯ぎしりをするやつらが、本当に絶望をしている。死んだ時に、しまったと思う。生きている間に真実を知ることが、ほとんどなくなっている。正しく良いことを知る機会があっても、自分の自由意思で選んできたから、人のせいにはできない。それでも、人のせいにすることしかできなくて、失望と恨みを抱いて、おちてくる。ひとこと、すべてのことを知った時に、心からあやまればすむことなのに、あわれみが注がれていたのに。そういう意味で、聖職者たちは、平信徒や何も知らなかった人の、数倍の責任を問われる。それでも、ゆがめたのは、俺たちの成せる業、だまされた方が悪い。それでも希望を・・。言いたくはないけれども、希望を持ち続けていれば、必ず助けがある。人間が、もし動物を同じく、猿からの進化のなせる業で、今に至っているとしたら、わざわざ死んだ後に、霊魂を集めるようなところはいらない。死んでしまったら、霊魂も消えてなくなるから、聖書の話はおとぎ話であるということが本当であると、今はそう信じている人が多くなっているし、教会でも、本気でそのように教えている。俺たちにとっては拍手かっさいなことが、当然のように話されて、反論をすると、反論をした方が馬鹿者、気違い扱いにされる。人間が、さるから進化したものだったら、すべてつじつまが合わなくなる。生物学者たちは、必至に、さるから人間になった瞬間、今の人間という状態になった区切りの部分をさがしてきたが、見つかるわけがない。区切りの瞬間の証拠が見つからないので、その時に、何か大きな自然の動きがあったからと仮説を出して、言い張って、はっきりしたことは、わかっていないことにしている。もともとが違うのだから、見つかるわけがない。それでも探し続けている。馬鹿なことだ。
まだ、俺たちはましな方だと言っておく。縛りつけられて、おりの中から話している。まだ、素直に話しているが、本当は言いたくなかった。今の教会の実状と世界のこんとんとした状態は、俺たちの大勝利だ。天使だった時に、神に逆らう事を選んで、ミカエルにたたき落とされた。ルシファーと手を組んで、というよりは、むりやり従わさせられているところが多い。俺は、自分のことした考えていないけれども、逆らうとひどい目にあうので、仕方なく従って、人間たちを、めちゃくちゃな大混乱にさせる状況に動かしてきた。ほとんどのことは、俺たちがくわだててきたことだ。これから話すことも、少し前からのことになるが、天に、上におられる祝されたおとめのことをはいじょしてはいけなかった。今、まことの救い主も、ただの偉人伝の中だけの、過去にいた人物として、偉人伝の本だなに、仲良く並んで収められている。歴史上の人物となってしまっている。俺たちはとてもうれしい。とうの昔に、祝されたおとめの配偶者も忘れ去られている、こっけいで仕方がない。大成功だ。本当に、俺たちが歯ぎしりをするほど、あわれみだけの方から、人間たちの注目を反らすことが、俺たちの目的だったし、そうなっているので、そうできたことが、とてもうれしい。うれしいことに、悪魔の仕業だと思っていない。初めに、俺たちが否定させる方向へ持って行ったけれども、あとは、何もしなくても否定してくれている。聖職者たちが、自分たちで、俺たちの存在を、熱心に否定してくれている。俺たちが仕組んだ、一人の人間を、いともたやすく、教祖と崇めて、人々が集まってくる。静かに祈りをすべきところでも、今はダンスパーティーで盛り上がっている。静かに祈ろうとする人間は、ほとんどいない。おかしくて腹がよじれる。死んだあと、どうなるかも、正しく知ろうとしないままで・・。十字架にしろ、祝されたおとめのために祈る、バラのかんむりの形をした道具にしろ、すべて自分がかっこいいとみられるために身につけるアクセサリーになっている。祝されたおとめの名前を、人前で口にすると、軽く笑われて、逆にけいべつされる。人間は、平気で祝されたおとめのことを、けいべつする言葉を話すが、俺たちは、決して口には出せない。口に出そうとすることは、おそろしい。さからうことなく、従っていられたのならと思うことしかできない。今、こうして言わされているけれども、こいつのような者しか(マリア・アントニア)聞こうとしない、聞く気がない。皆、かんじんな時になると、自分のことしか考えないから、祝された天におられるおとめからの語りかけも、しばらくすると、なくなってしまう。人生の中では、本人が気付かないような小さな出来事のうちから、大きな出来事までのあらゆる時に、良いすすめがあって、自分で選ぶ機会が与えられる。俺たちによって、間違った選びを、あっけなく、平気でしてしまう。俺たちにはうれしいことだ。本人が、俺たち自身だったら、間違えることはなかった。実に、もったいないことだ・・。一度を除いては・・。くり返すが、死んでから、普通の人間は、すべてがはっきり知らされる。それでも、心から痛悔して、あやまれば、ただ一言、あやまれば、あわれんでくださいと言うことが出来さえすれば、永遠に歯ぎしりをし続けるようなことにはならない。俺は、すべて話した。俺の話すべきことは、すべて話した。


超強力な悪魔ばらい師、ジャン・マリー杉浦洋神父

090201_0108~0001.jpg


マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ 2017年4月3日

2017年4月3日 PM10:40
ヨゼフパパのご出現
ヨゼフパパ「コルベ・マリー・ジョンにヨゼフが話をする。わが息子を慕って、懸命に頑張ってついてきてくれている。わが息子が司祭になる前から引き込もりであったハンディキャップを負いながら、なんとかわが息子から教えられたことと、自分自身が知ったことで人に知らせたいことを、インターネットという手段を使って伝えられないかと考えてくれた。わが息子にたくさん話を打ち明けながら、試行錯誤の末に、2000年の、私ヨゼフの祝日に開設をしてくれた。
 あれから17年という年月が過ぎて、途中には、本当に大変な時期があったことも、私も知っている。本当にホームページの存続が危ぶまれた時もある。コルベ・マリー・ジョンが実際にやりたかったことと、現実のギャップの差がありすぎたこと。しかし、わが息子の忍耐強さで、うまくいかなかったとしてもダメージは最小限に抑えられていた。精神的な病気で、根気強く続けられなくなってしまった時でも、天は決してコルベ・マリー・ジョンを責めることはしない。むしろ休ませる。自暴自棄になってホームページを閉鎖しなかったことを、私はうれしく思っている。
 わが息子からのリクエストがあった時などは、すみやかに受け入れて、17年という年月があるからこそ、一人の息子のようになっているはずである。新しいものが見つかると、取り入れて試すことを楽しんでいることを、私は評価する。
 コルベ・マリー・ジョン自身が、以前から話をしているように、自分と同じような引き込もりで、人の事が信じられないような人でも、神の道具になりたいと思えば、神ご自身が変えてくださるということを、これからも伝えていってほしい。本当にどうしようもない悪い材料であっても、役に立つ材料に変わることが出来ること、これらのことは、ここの清水小屋での生活で、十分に実感していることだと思う。すべて何もかも信じられなくなるような長い時間が過ぎようとした時でも、忠実な羊飼いのように信じ続けてほしい。わが息子のもとへ、コルベ・マリー・ジョンの作成したホームページ等を見て、動機は不純であっても、最終的につなげていくことが出来るので、あきらめずに続けてほしいと、私は望んでいる。これからも、たくさんの困難が待ち受けているとは思うが。私のように、神に信頼し、歩み続けてほしい。
 そして、クララ・ヨゼファ・メネンデスの良き理解者であるように。コルベ・マリー・ジョンを祝福する。+。」

マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ 2017年4月1日

2017年4月1日 PM11:00
ヨゼフパパのご出現
ヨゼフパパ「愛する妻クララ・ヨゼファ・メネンデスにヨゼフが話をする。私がクララ・ヨゼファ・メネンデスに対する愛をどれほど深いものかを知らせることが出来たら良いのにと、常に思っている。あなたは見たり聞いたりすることを、今の時点ではしていないのに、心から私のことを第一に愛してくれている。信じてくれている。ただ、信仰でのみ愛してくれている。私とクララ・ヨゼファ・メネンデスとの関係は、本当に個人の恋愛関係で成り立っている。宗教のことなどは、なにもわからなくても、私は本当に気にしていないし、気にもならない。私のことを、存在を認めて信じてくれて、愛してくれることを、とてもうれしく思っている。クララ・ヨゼファ・メネンデスが、わが息子のところへ初めて来た時から10年が、昨日で過ぎた。何が何だかわからないまま、ここで生活をするようにと言われて、それに対して、素直に「はい」と一言、答えた。その時のクララ・ヨゼファ・メネンデスの霊魂の欲求は、本当の事を捜し求めていた。世間的な生活の安定と、人々からの信頼を失いたくなければ、清水小屋へとどまることを選ぶことは、死を選ぶ事と等しいことだった。他の人々は、クララ・ヨゼファ・メネンデスではないので、言いたいことを、本当にあれこれと言っていた。わが息子から私のことを聞いて、私の存在を確信してくれた。とてもうれしかった。だから結婚を、私とするようにと指輪を差し出した。マリアがいるのに、どうして結婚が出来るのかと、すぐに異議をとなえる者がいるが、何を話したところで、理解をするわけではないので、ここでは何も話すことはしない。ただ、天の計画に一つであることだけを話しておく。
 私の存在を信じて、わが息子を慕い続けて従って、10年が過ぎた。クララ・ヨゼファ・メネンデスの性格の大部分を占める人を愛することが出来る事で、難しく思えたものも乗り越えてきた。そして、傷ついても気づかなかった。これからは、私に対して、わが息子に対して、もっと愛してもらって当然と思うようにしてほしい。私は、クララ・ヨゼファ・メネンデスの心の中のここが、自分の悪い部分だと言って訴えることを、クララ・ヨゼファ・メネンデス自身が言う前から知っている。話してくれることを待っていたのでうれしかった。常に何かをする時でも、私がとなりにいて行動を共にしていることを意識してくれている。本当に限界に近づいているからこそ、私に、わが息子に、もっと頼ることを約束してほしい。
 クララ・ヨゼファ・メネンデスの小さな考え事が、楽しい事が多くなるように助けていく。清水小屋の10年というふしめに、私から、良くがんばった、と言葉を贈る。そして、これからも、このごろの問題のことは、私も良く知っているからこそ、私の妻として信頼して、愛し続けてほしい。クララ・ヨゼファ・メネンデスを祝福する。+。」

恋ダンス踊ってみた by クララ・ヨゼファ・メネンデス

2017年2月16日 PM9:48
マリア・アントニアに与えられた、個人的なローキューションのあと、フルミナウスちゃんのご出現
フルミナウスちゃん「クララ・ヨゼファ・メネンデス、1000回、超えたね。おめでとう。ジャン・マリー神父様にすべてをあずけ続けてください。あなたの献身ぶりは、すべてヨゼフ様が知ってくださっています。悩み等も、涙も、すべて受け取ってくださっています。安心して歩み続けてください。」

マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ 2017年2月2日

獣のフランシスコ反教皇にけんかを売る公のメッセージ
2017年2月2日 PM10:40
ペトロにーちゃんのご出現
ペトロにーちゃん「初代教皇であるペトロがわが息子へ伝える。昭和天皇はリトル・ペブルを支持していたので、当時リトル・ペブルを支持していた司祭だった志村辰弥神父が昭和天皇のもとへ呼ばれて、カトリックの洗礼を授けられて、その後崩御された。
 安倍総理大臣が獣のフランシスコ反教皇を日本に招いても、日本はリトル・ペブルのもとへ行くべきであって、決して獣のフランシスコ反教皇に取り込まれてはならない。
 皇室の一族の意思はそれぞれが尊重されるべきであって、国としての利益や立場を天皇の考えとして押しつけてはならない。正しいおこないをした昭和天皇に対して行なわれたように、今上天皇の個人の意思を尊重されなければならない。
 真実は、獣のフランシスコ反教皇の話を聞いてはいけないということだ。日本の皇室は特に獣のフランシスコ反教皇にだまされてはいけない。リトル・ペブルを支持し続けなければならない。腐敗しきった教会を受け入れてはいけない。」

昭和天皇はリトル・ペブルを支持していた故、リトル・ペブル支持者の志村辰弥神父が呼ばれてカトリックの洗礼を授けられて亡くなった。日本はリトル・ペブルのもとに行くべきで獣のフランシスコ反教皇にとりこまれては決してならない。http://charbeljapan.world.coocan.jp/pr_170202.html

マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ 2017年1月28日

反キリスト、ロード・マイトレーヤにけんかを売る公のメッセージ
2017年1月28日 AM12:58
ペトロにーちゃんのご出現
ペトロにーちゃん「ロンジン・マリー、フランソワ・マリー、そしてコルベ・マリー・ジョン、3人の将来の司祭たちに、初代教皇としてペトロが話をする。特に、普段、わが息子のもとで、わが息子から直接話を聞く事が出来ないでいるロンジン・マリーとフランソワ・マリーに話す。しかし、コルベ・マリー・ジョンも同じように聞いておいてほしい。私たちの先生イエズスは、神であるがゆえに、とてもやさしい方である。世の終りの時までの全てをご存知であるので、とてもあわれみ深い。人間の全ての罪を知っているので、愛するが故に、ミサを制定された。イエズスご自身が、天の御父と聖霊に対する親しい交流を真似て、おそれてひれ伏し、おがみ通すことを望んではおられない御父に、父親と息子の愛のみの対話はどのようにすれば良いかを、使徒である私たちに、直接、述べられた。そして、イエズスが、どれほど人々を愛して、罪を許して、めぐみを与えたいと考えておられるかを伝えてほしいと望んでおられるか、という事実を、再び地上へ戻られる時まで続けるようにと述べられて、私たちのために、天の門を、再び開け放すために、十字架上で亡くなられた。何も罪を持つ事の無い汚れのない人でなければ、天の国を再び開け放つ事はなかった。神ご自身でなければ、不可能であった。御父の望んでおられることだった。人々の口の中へ、命の糧として入って神を(救い主を)信じて、待ち続けることが出来るように。神の存在を身近に感じる事が出来るように、ミサは司祭が続けていなければ、何の意味も持たなくなってしまう。だから信仰を持って、正しく行われなければいけない。実際に現存されている神を意識して、目の前でささげる。確信して存在を認めているのであれば、いつまでも対話を続けたいと思うではないか。むやみに省略させて、間違った言葉によって、めぐみはほとんど無くなってしまう。私は、今の時代の思い上がった、おろかな司祭たちに、あれほど何も勝手に変化をさせてはいけないと伝えたことを、いとも簡単に変えてしまっていることを見ていると、さむ気がする。信仰という第一条件すら消え去っていることにも、身の毛がよだつ。わが息子のもとで、将来、司祭になる3人の子供たちは、決して馬鹿にされても、批判されても、わが息子が伝えようとしているミサのやり方を、つらぬき通してほしい。まだ話したいことはたくさんあるけれども、今回はこれで終わりにする。」

マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ 2017年1月23日

反キリスト、ロード・マイトレーヤにけんかを売る公のメッセージ
2017年1月23日 PM11:22
ヨゼフパパのご出現
ヨゼフパパ「わが息子のもとで、これから司祭になる子供たちが、わが息子と共に正しいミサを練習し、習得することを、教会メーソンである者たちと、現代主義の司祭たちは、都合の悪いこととして消し去りたいと思っている。どれほど祈りの密度が莫大であるかを知っている。ならずものであるわが息子たちが、悪魔の計画によって正統派といわれる人々から、教会の外へ出された状態になって、批判され続け、馬鹿にされ続けながら、正しいミサをすることを続けられないように、なんとかつぶしたいと思っている。相手にされなくなれば、司祭へと進む道もあきらめると思っている。フルエクソシズムのことも、都合が悪いと思っている。自分たちこそが、正しく神の道を歩んでいるので、おまえ達(わが息子たち)は、自分たちの忠告を聞いて、間違った行動を続けることをやめるべきだという事を、近い将来に、実際に話に来ることになる。あらゆる悪魔がなりすました人間が訪れることになる。何も知らない人々を誘導して、見失わせようとする。御子イエズスがとらえらわれて、バラバが釈放された時のように・・・。自分たちには、何ひとつ出来ることは何もないと失望させようとする。具体的にあり得る例を見せた。神がお考えになることに対して、何ひとつ人間は正しく理解をすることなどは出来ないことを思い出してほしい。ルシファーのあさはかなたくらみから身を守るためにも、マリアの助けを願いつつ、行動することを続けていくように。勇敢でありつづけてほしい。」

マリア・アントニアに与えられた天からのメッセージ 2016年12月18日

2016年12月18日 PM1:28
マリアママのご出現
マリアママ「今日は、子供たちの、私や天に対する間違った認識について話します。天に対して冗談を話している時、また罪を犯してしまった時などに、天に対して、聖人に対して、冗談を言った人や、罪を犯してしまった人に対して、一緒にいた人が、冗談に対してとがめるようなことを言わないでください。『マリアママにそんなことお願いしたらいけないんだよ』とか、『そんなことを言ったら、おこられるよ』など、『ふざけているようなことは言っちゃいけないんだ』と言わないようにしてください。
 私は、子供たちに対して、愛を持ってみつめてほほえんでいます。悲しいことがあった時には、その子供と一緒に泣いています。そして、なぐさめるために恵みを与えます。冗談を言った人に対して、私は何も叱ることはありません。悪質な冗談を言っている人の心も、私はあわれみます。小さな子供のような冗談やお願いを、とがめることはありません。私を意識して話をしてくれているので、とてもかわいいと思っています。
 人に対して批判をする言葉を口に出したりする前に、私に対して心の中で私に話をしてください。打ち明けてください。裁くという言葉や、とがめといった言葉を、必要以上に意識しないでください。他の人が、何かの小さな失敗をした時なども、決してとがめるような言葉を話さないでください。ほとんどの場合は、言った人は、その人自身にも影響がないものです。しかし、言われた人にとっては、いつまでも心に傷として残ってしまいます。ほんの小さな、ささいな言葉で傷ついてしまいます。人に対して何かを言う前に、私に話をしてほしいのです。
 話しかけられた人に対して、最終的に無視だけはしないようにしてください。何か声をかけられていることを知っていて、わざと無視をすることだけはしないでください。悪口を言われ、ののしられている時は、無言でいてもかまいません。もちろん、反撃をすることも、必要な時はそうしてください。無視をすることで、どれほど相手が傷つけられることか、考えてみてください。無視をする側も、される側も、平和を見出すことが難しくなります。
 私自身も、天からの働きかけ等を、錯覚や幻覚、幻聴という精神病扱いにされてしまって、気のせいだと無視されてしうと、とても悲しくなってしまいます。すぐにとがめられると恐れてしまっている子供たちのことも、残念でなりません。悪魔の妨害などもあるので、見極める必要があるということもわかっています。個人の意図的なものと、病的なものと、外部からのものは、明らかに違います。人はそれぞれ、本当に100%正しく判断をすることは不可能です。人の事を間違っていると批判をする時間があるのならば、私に向かって話しかけてください。むやみに批判をするという罪を避けることが出来ます。天のみむねに沿っている時は、必ず助けられることを信じてください。」

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
sponsored links
日々のつぶやき
こるべまりい@Twitter


Live streaming video by Ustream
◆ お勧め図書など… ◆

シ-ラという子 虐待されたある少女の物語
タイガ-と呼ばれた子 愛に飢えたある少女の物語
毒になる親 一生苦しむ子供


平成天皇と皇后陛下は、これから先、中国の日本侵略に対して成すべきことがあります。それは、汚れなき聖母の御心に日本を奉献し、日の丸の旗に十字架をあしらって欲しいのです。そうするならば、天が助け手を送り、中国からの侵略を免れさせてあげます。平成天皇は、聖母が望む事を行なっていただきたい、そう聖母は願います

新発売!
リトル・ペブルドレス


新発売! リトル・ペブルドレス


新発売! 文庫

新発売! 文庫「マリー・マドレーヌの自叙伝 第2巻」

◆◆  D V D  ◆◆
ブラザー・サン シスター・ムーン
ロード・オブ・ザ・リング
シンドラーのリスト

◆◆  書 籍  ◆◆
マグダラのマリア
聖母マリアの詩(うた)(上)
聖母マリアの詩(うた)(下)
イエズスの受難
イエズスに出会った人々
イエズスに出会った人々(2)
イエズスに出会った人々(3)
イエズス─たそがれの日々
受難の前日
復 活


マリー・マドレーヌの自叙伝 第2巻
マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻
最後の教皇 第1巻
最後の教皇 第2巻
最後の教皇 第3巻
153本のマリアさまのバラ
153本の聖ヨゼフの百合
リトル・ペブルへのメッセージ集
聖シャーベル修道会の会則会憲


箱舟の聖母社のホームページ へ!

◆人気blogランキング◆

人気blogランキングへ

selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM